Event

Contrabass Solo Concert 9/4 9/8
Seigo Matunaga








屋久島でのソロ・コンサートのご案内です、
屋久島の海(9/4)と、屋久島の森(9/8)で音楽会を開催します。

 
松永誠剛 コントラバス・ソロ・コンサート
[会場]屋久の子の家
 
[開場] 17:45  [開演] 18:20開演(日没18:37)
"北半球で最も海がめが産卵する永田いなか浜を目の前にしたお宿屋久の子の家
で海に沈む夕日をバックにコントラバスの演奏会をお楽しみください。"
[参加費] 2,000円(大人)
高校生以下無料
素泊まり可(6200円/朝食は別途800円で要予約)

[演奏会の予約、宿泊のお問い合わせ先]
office@tabira.biz

※ツアーガイド旅樂からのお知らせ
9月5日はAM5:00から海辺を散策して(孵化する朝亀の赤ちゃんに出会えるかも!)
、朝食後に猿と鹿が住むガジュマルの森西部林道へのオリジナルツアーを別途開催しています。
ツアー後は以下の時間場所へ送迎いたします。

11:30永田集落、12:00宮之浦集落、12:15屋久島空港、12:30安房港
又は途中のお宿、レンタカー会社まで。

ツアー代金 お1人様7,000円
(要予約/コントラバス演奏会参加者1000円割引)


2016年9月8日(木)(雨天時 翌日9日(金)に変更)
屋久島の森の中での演奏会
松永誠剛コントラバスソロ
[時間] 日の出 
[参加費] 5000円(朝食込み)
[詳細・お問合せ]
Gallery TABIRA
office@tabira.biz


Profile

松永誠剛(まつなが せいごう)


【松永誠剛】

コントラバス奏者/SHIKIORI/アジアン・ケープ・コネクション代表/プロデューサー。

1984年生まれ、福岡出身。高校生の時にリチャード・ボナの音楽に出会い、サックスからベースに転向。2002年の夏をボストンで過ごす。
翌年、NYにてマシュー・ギャリソンのもとで学ぶ。その年の10月、オスカー・ピーターソン・トリオのベーシスト、故ニールスヘニング・オルステッド・ペデルセンに弟子入りし、デンマークにてコントラバスを学ぶ。

2005年、音楽交流プロジェクトAsian Connectionを発足、スウェーデン在住のコントラバス奏者、森泰人氏と共にScandinavian Asian Connection Concertの開催を始め、コンサート・プロデュースを行う。

これまでにHein Van De GeynMichael KlinghofferAnders Jormin各氏にコントラバスを師事。

2009年、アルバム「a.s.k」を発表。

2010年、南アフリカ・SOWETOに楽器を届けるプロジェクトNAWASHIRO PPROJECT2010-2020を発足。南アフリカからインドまで、様々な国で演奏活動を行っている。

これまで、カイル・シェパード(pf)、カヤ・マハラング(Sax)ヴィニシウス・カントゥアリア(Gt/Vo)、デビッド・マシューズ(pf)、筑前琵琶の中村旭園、宮古島の歌い手、與那城美和などと共演、活動を行っている。2013年には振付家・大橋可也の作品の音楽を担当する。

演奏家としてだけでなく、CDのライナーノーツや新聞での連載など幅広い執筆活動も行っている。

現在、沖縄・宜野座村がらまんホールの国際交流音楽祭のアーティスティック・ディレクターを務め2009年に自身の故郷である、福岡の片田舎に佇む築140年を超える古民家を「想いが帰る庵」として、「SHIKIORI」と名付け、ツアー中以外は畑と音楽に囲まれて生活を送っている。

世界各国から集まる様々なジャンルのアーティストと対話を重ねている。